サポート室 Q&A
HOME>数学上達文系・理系コース ブログ「数学のセンスを身につける問題」連載中!NEW  
新受験生へ!はじめるなら受験勉強は早い時期に限ります。誰でもが認める一番学習効果が上がる大学受験対策は添削指導です。

 数学の力は社会に進出すると遺憾なく発揮されます。数学は本来「新しい公式を考える」を使命とする学問です。高校までの数学はほとんどが計算問題を解くことに重点が置かれていますが、計算は公式や数式を導き出すために行われます。大学に入学すると計算問題はほとんど習いません。証明問題を中心に解き、考え方を身に付け証明していきます。この考え方は何も数学だけに役に立つものではなく、今後の社会生活に欠かせないあなたの財産になっていきます。数学の考え方は、理系の学問だけではなく、経済学、経営学、社会学、心理学などでも必要なものです。ですから、数学が苦手では上を目指すことはできません。そこで、数学道場では大学受験を通して、数学を上達させて数学のセンスを磨く講座を開講いたします。

  数学を上達させる方法は問題を自らの力で解き、わからないところを質問することです。予備校などでカリスマ先生の授業を聴いただけでは絶対に数学は上達しません。
 良い問題をよく考えて解きそしてわからないところは調べる。この方法以外に数学の力は向上しません。公式を丸暗記しても公式を使いこなすことはできません。公式は覚えるものではなく証明するものです。
 数学を上達させる環境とはよい問題を解き、わからないところは質問できる環境のことです。数学道場は添削とサポート室を組み合わせることで数学上達の最上の環境をみなさんに提供できるようになりました。
 この環境で学習すれば数学は見違えるように上達できます。

すべて質問フリーで心強い、数学上達文系・理系コース
文系単元別数学添削10単元分(1〜10) 理系単元別数学添削12単元分(1〜12) 1単元=6題×4回=24問
1.式に関する問題 Plus

サポート室添削期間中利用

 質問はどんな質問でもお答えしますが、宿題の丸投げはできません。使用用途はいろいろですが、ご自分で学習している参考書や問題集そして数学道場の添削でわからない箇所をFaxや電話で丁寧にお答えいたします。学校や塾で詳しく教えてくれない公式の証明や数式・図形の解き方なども教えます。期末・中間テスト対策にも丁寧に教えます。
 質問する能力は非常に大切な能力です。相手に自分のわからない箇所を理解させることは相手に論理的に伝えなければなりません。自分でもわからない箇所が説明できないと相手にも伝わりません。この機会に、このサポート室を利用して質問力も磨いてください。この能力は社会に進出したときに自分を相手に理解させる有効な能力です。
 自習用として、数研の青チャート、啓林館のフォーカス・ゴールドをお薦めします。どちらもでも徹底的に学習すれば基礎力だけでなく応用力も身に付きます。わからないことがあればいくらでもお答えいたします。
 また、サポート室では学習の進行具合もチェックします。

2.関数とグラフに関する問題
3.三角比と図形に関する問題
4.数と集合に関する問題
5.確率に関する問題
6.方程式に関する問題
7.図形と式に関する問題
8.三角関数・指数関数・対数関数に関する問題
9.数列とベクトルに関する問題
10. 微分積分(数U範囲)に関する問題
11. 微分積分(数V範囲)に関する問題
12. 新課程 複素数に関する問題
単元別数学添削の詳細な説明に進む→ 高校数学サポート室の詳細な説明に進む→
料金<文系>特別価格226,800円(4回まで分割可能です)
単元別数学添削10単元 12,000円×10回×1.08=129,600円 合計問題数240問+サポート室利用
合計 129,600円+サポート室利用(1年間)=226,800円(消費税込)サポート室6ヶ月分割引  →お問い合わせ・お申し込み
料金<理系>特別価格252,720円(4回まで分割可能です)
単元別数学添削12単元 12,000円×12回×1.08=155,520円 合計問題数264問+サポート室利用
合計 155,520円+サポート室利用(1年間)=252,720円(消費税込)サポート室6ヶ月分割引  →お問い合わせ・お申し込み
 
 一流大を志望する生徒にお薦めです。東大・京大・東工大・一橋大などの一流大学の問題はかなり手強いです。基礎力に+α(応用力)が必要です。基礎力がありさらに+αしたい生徒に「数学エキスパートコース」がうってつけです。このーコースは添削とサポート室を組み合わせたもので1年かけて受講者を数学のエキスパートへと導きます。
すべて質問フリーで心強い、数学エキスパートコース理系・文系(添削+サポート室)
添削 Plus サポート室添削期間中利用
  添削問題に関する質問はもちろんのこと、期末テスト対策、予習復習に学習している、チャート式(数研出版)、フォーカス・ゴールド(啓林館)、1対1対応(東京出版)、理系数学の良問プラチカ(河合出版)、文系数学の良問プラチカ(河合出版)などの参考書・問題集を解いてわからない箇所を丁寧に教えます。
  また、大学入試数学問題に関していかなる質問にもお答えいたします。

<理系>
新課程対応 数学受験対策コース(理系) 全20回
1回につき問題は6題
全20回 64,800円(税込)
<文系>
数学受験対策コース(文系)全20回
1回につき問題は4題
全20回 43,200円
難関大数学受験対策コース 高校数学サポート室の詳細な説明に進む→
料金<理系>福袋キャンペーン実施中!(2016年5月末日まで)129,600円(2回まで分割可能です)
全20回 64,800円 合計問題数120問
合計 64,800円+サポート室利用=129,600円(消費税込) →お問い合わせ・お申し込み
料金<文系>特別価格140,400円(2回まで分割可能です)
全20回 43,200円 合計問題数80問+サポート室利用
合計 43.200円+サポート室利用=140,400円(消費税込)サポート室6ヶ月分割引 →お問い合わせ・お申し込み
 
Web数学講座:東大・京大過去問解説 | Web数学講座:一橋大学過去問解説 | Web数学講座:慶応義塾大学経済学部・商学部過去問解説 | 
 | Web数学講座:明治大学理工学部過去問 | Web数学講座:東京理科大学理工学部過去問解説 | Web物理講義 | Web化学講義 | 
 | サポート室に寄せられた過去問Q&A | 
  1. ★センター試験数学本試3ヶ年過去問添削指導→16,200円(数TA・数UB ただしBは数列とベクトル)
     センター試験数学はマークセンス方式だから計算力があればいいと考えていると大間違いです。正しい考え方をしなければ正しい解答には到達しません。ましてや高得点は望めません。数学道場のセンター試験数学過去問添削では実際に過去のセンター試験数学の問題を途中の式を記述して解答してもらい、考え方が正しいかどうかをチェックいたします。
    センター試験数学には必要な考え方が求められます。必要な考え方とは何か、またその考え方が身に付いているかを丁寧に指導します。→お問い合わせ・お申し込み
  2. ★あなたの志望校の数学3ヶ年過去問添削指導→21,600円(過去問集が市販されている大学に限ります。)
      やはり志望校対策の最後は志望校の過去問を実際に解いてみることです。ただ漫然と解くだけではダメです。真剣に解いてその解答をプロの目でもって見てもらうことです。志望校の数学の試験はほとんどが記述です。正しい式を導き出していると思ってもおかしな場合がよくあります。
     数学道場ではあなたの志望校の過去問の答案をプロの目でもって添削します。と同時に志望校の出題傾向と対策をも指導いたします。→お問い合わせ・お申し込み
  3.  東京大学・京都大学・東京工業大学・一橋大学などの旧帝大+東京工業大学+一橋大学ではセンター試験比率が低いので、センター試験で多少つまづいても2次試験で挽回できますが、それ以外の大学特に医学部はセンター試験の点で合格・不合格が決まってしまうとみても言い過ぎではありません。
  4.  平成20年センター試験の都道府県平均ランキングでは1位の東京都と47位の岩手県では何と120点近くの差がありました。やはり大都市圏の受験生の方が地方の受験生より得点率は上です。理由はいろいろあると思いますが、第一の理由はセンター試験に対する意識の差ではないでしょうか。私は地元の大学を受験するからセンター試験はほどほどでよいと考えることは厳にいましめることです。センター試験には難問は出題されません。ほとんどが基本問題といってもよろしいです。適切な訓練をすれば誰でもが高得点をとれます。
  5.  医学部受験のみなさん!地方の大学の医学部には、大都市圏から多数の受験生が押しかけてきます。医学部に限っては大都市圏も地方もありません。すべて難関です。センター試験では最低でも85%(900満点で765点、できたら90%が望ましいです)は得点しなければなりません。
     そのためには数学・理科は満点を取るつもりで試験に臨まなければなりません。センター試験数学は毎年同じ分野で似たようなパターンの問題が出題されます。適切な訓練ををすれば医学部受験生なら満点をとることは難しくはありません。そこで過去問の徹底理解と底固めをする事が必要です。
  6.  過去問添削指導では、弱点や知識の不足などを指摘し、それらを克服するためのサポートを行います。過去問においてわからない箇所はFax,電話、メールで応答します。返却には答案の添削と、ホームページ上で閲覧できる考え方や解法のテクニックがわかるIDとパスワードを記入した書類を同封します。いつでもどこでもホームページ上から閲覧できます。pdf形式なので、ダウンロードしたり話題のiPadにいれて閲覧することもできます。
  7.  お申し込みいただきましたら、追ってご連絡を差し上げます。振込みを確認後に確認書と答案用紙(マークシート式ではなく解答までの過程を見るために式をすべて書くための答案用紙)を送付します。問題は市販の過去問集をみて解答してください。過去問集がない場合は数学道場で用意いたします。返却は到着後5日以内に数学道場を発送いたします。
わからないところは数学道場が教えます。
月額16,200円で質問し放題のサポート室がご利用できます。以下の参考書・問題集をご用意しています。

●大学への数学 1対1対応の演習 数T、数A、数U、数B、数V、数C(東京出版)
●大学への数学 数VCスタンダード演習(東京出版)
●教科書傍用 4STEP 数T, 数A, 数U, 数B, 数V, 数C(数研)
●教科書傍用 サクシード 数TA, 数U, 数B, 数V,C(数研)
●フォーカスゴールド 数VC(啓林館)  ●やさしい理系数学(河合塾) ●理系数学の良問プラチカ 数学I・A・II・B(河合塾)
●青チャート 数TA・数UB(数研) ●センター試験過去問 ● 明治大学理工学部過去問
●東京理科大学理工学部過去問 ● 立教大学理学部過去問
サポート室に用意していない問題集・参考書をご使用の場合は、サポート室で購入します。ご遠慮なく申し出てください。
サポート室に進む→
 お問い合わせは、下記の電話番号まで連絡をお願いします。
株式会社河野 044-589-7551 (平日・土曜日 午後1:00〜午後9:00)
Copyright © 2007-2014 KOHNO.Corp All Rights Reserved.