数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
山田済斎「西郷南洲遺訓(さいごうなんしゅういくん)」を読む

 戊辰の役の後の庄内藩は恐怖のどん底にいた。敗軍となった庄内藩は勝利者である薩摩藩からどんな仕打ちを受けるかわからない状態であった。まして、庄内藩は戦争前から薩摩藩の怨みを買っていた。幕府が急遽組織した新徴組が再三再四薩摩屋敷を襲ったからだ。その新徴組を動かしていたのが庄内藩であった。
 庄内藩の人たちはどんな仕打ちがなされるのかと戦々恐々としていたが、お咎めはほとんどないに等しかった。それは西郷隆盛の意向であった。
 戊辰の役の後、東北の多くの人たちは薩摩・長州藩を恨んだが、意外にも西郷隆盛を悪くいう人は少なかった。その理由が上にあげた庄内藩に対する寛大な処置にあるのは明らかであろう。
 西郷南洲はとてつもなく度量の大きな人であった。西郷の度量の大きさは何も庄内藩だけに示したものでなく、他にもいろいろな状況・場面で示している。ただ、その度量の大きさが仇(あだ)になって、賊軍という汚名を着て、鹿児島の城山で果てるのは何とも惜しいことである。
 西郷南洲とはどんな人間であったのか。西郷ほどわかっているようでわからない人もいないのではないか。西郷は何を考えそしてどこへ向かおうとしていたのか。西郷の行動原理は未だにわからないことが多い。そもそも西南戦争とは何のための戦争だったのか。

 明治10年の西南戦争後、西郷は当然のごとく陸軍大将という官位は剥奪され、国賊となった。明治22年に大日本帝国憲法が発布されると、俄かに西郷の名誉挽回の運動が起こり、結局、西郷の名誉は復活し、西郷は上野の山で銅像となった。西郷の名誉を挽回しよううとしたとき、西郷の生前の言行録がまとめられた。この言行録は、維新になって鹿児島に下野した西郷を訪ねた庄内藩の藩士が西郷から聞いた話が中心になっている。この言行録が「西郷南洲遺訓」である。
 「西郷南洲遺訓」は西郷の話したことをまとめたものであって、西郷自ら書き残したものではない。それでも西郷の生の声をき聞くようであり、そして西郷がふだん何を考えていたのかがよくわかる。
 西郷の思想の中心は何といっても私利私欲の全くないことである。<児孫のために美田を求めず>は西郷の考えを端的に表す代表的な言葉である。いたるところ、西郷の無欲さが語られる。
 西郷には私欲はなかったが、使命はあった。その使命とは天を敬いそして人を愛することである。すなわち<敬天愛人>である。この4文字がどうやら西郷の行動原理であったらしい。
 西郷のすごさというのは、やはり小にこだわらず、大局的にものを見ることができることであろう。西郷の大きさをすぐに見抜いたのが、勝海舟であり、その弟子坂本龍馬であった。西郷の大局的にものを見る目がなかったら、薩長同盟もなかったし、江戸は火の海となっていたかもしれない。
 「西郷南洲遺訓」には論語臭さが漂うが、それはとりもなおさず西郷が陽明学者であったとう証明にもなろう。義のために行動する。それは西郷その人の姿だと思う。

 「西郷南洲遺訓」全編に漂うのが、西郷が全く死を恐れていないことである。西郷の偉大さはとりもなおさず死をも恐れないということを今さらながら気付かされた。西郷南洲という人は死をも超えていた人なのかもしれない。
 西郷はどんな思いでこの世を去っていったのであろうか。

上野公園に建っている西郷隆盛像

※:写真は、上野公園に建っている西郷隆盛像です。

山形県鶴岡にある鶴ケ岡城跡

※:写真は、庄内(現山形県鶴岡市)にある鶴ケ岡城跡(現庄内神社)です。

鶴ケ岡城の案内図

※:写真は、鶴ケ岡城の案内図です。

旧鶴ケ岡城内に建つ満州事変の当事者の石原莞爾の生誕の地碑

※:写真は、旧鶴ケ岡城内に建つ満州事変を企てた石原莞爾の生誕の地碑です。

 
作文道場山田済斎(やまだ せいさい)。
1867年-1952年。日本の漢学者、陽明学者、教育者。二松学舎専門学校の初代校長、二松学舎名誉学長、大東文化学院名誉教授を務める。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2016 KOHNO.Corp All Rights Reserved.