数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
岡潔「春宵十話(しゅんしょうじゅうわ)」を読む

 数学者特に大数学者というのはどのような世界に生きているのであろうか。
 フェルマーの大定理が証明されたのは20世紀も末である。この定理の存在が世に知られたのは17世紀半ばである。それ以来数え切れないほどの数学者たちが定理の証明に挑んだが、350年間証明されなかった。350年である。この定理を証明するために人生を棒に振った(?)数学者は数知れないのではないか。自分が生きている内には証明できないかも知れない、と思いつつも証明に突き進む数学者の胸中はいかなるものであろうか。
 つい数年前にも世紀の難問であるポアンカレー予想が証明された。この予想も100年近く証明されなかった。リーマン予想は未だに証明されていない。現時点においても多くの数学者がリーマン予想の証明に勤しんでいるかもしれない。 ある数学者がいった。<とにかく問題を解いているときがどんなときよりも至福を感じる>と。人生を賭して難問に挑戦する数学者は芸術家と同じではないかと思えてくる。

 大数学者が日頃何を考えているかは興味津々である。ぜひとも知りたい欲求を感じる。日本を代表する大数学者岡潔の「春宵十話」はこの欲求を満足させてくれるものである。 岡潔は「多変数解析関数論」の専門家で、数々の難問を解決していった。岡の名を一躍有名にしたのは小林秀雄と対談してからである。この対談は「人間の建設」として本になった。
 「春宵十話」は題名の通り10の話からなっている随筆集である。新聞に連載された。この本はさぞや数学についての記述が多いに違いないと思っている読者にはすこぶる違和感を覚えさせるものかもしれない。数学の話もむろん登場するが、それよりも教育・芸術・文学・文化・宗教・友人のことなど内容は多岐に渡っている。
 とりあえず「春宵十話」の10の話のタイトルをあげてみよう。
 
1 人の情緒と教育
2 情緒が頭をつくる
3 数学の思い出
4 数学への踏み切り
5 フランス留学と親友
6 発見の鋭い喜び
7 宗教と数学
8 学を楽しむ
9 情操と智力の光
10 自然に従う

 岡は人間の情緒を非常に大切なものとする。健全なる情緒を育てるためには教育、特に義務教育の大切さを力説している。岡が目指す教育とは、ある意味において、軍国主義教育を取り除いた戦前の教育であった。岡は、小学校・中学校・高等学校時代のことを思い出して非常に懐かしんでいる。
 現代にいる我々はもうそろそろ本気になって、明治・大正の教育を見直すべきではないのか。軍国主義を否定することに躍起になって、戦前の制度・教育などほとんどすべてのことを悪と見る考え方・見方に終止符を打たなければならない時期にきていると、「春宵十話」を読むと痛切に感じる。義務教育においてはやはり道義を教えることは大切であろう。

 ポアンカレーはある難問を考えていたが、なかなか解けなかった。ところが、馬車から降りるとき突然その問題の解法が頭に浮かんだ。この話は数学史では有名な話である。
 「春宵十話」にはこのポアンカレーの体験と似たようなことが書かれている。一生懸命考えているときには解法は浮かんでこない。しかし、しばらく時間を置くと、俄かに神の啓示のように解法が浮かんでくる。これはこと数学者に限ったことではない気がする。他の分野でも同じであろう。
 岡は数学は芸術であるといい、美術品鑑賞が数学の能力を高めるともいう。また、ポアンカレーの言葉を引用して、<数学の本体は調和の精神である>といっている。この場合の調和は真の中における調和である。
 とにかく、「春宵十話」(光文社文庫『春宵十話』には「春宵十話」以外にも数編の随筆が収められている)は学問をするにも、生きていくにもたいへん参考になる本である。

 
小林秀雄・岡潔「人間の建設」を読む

 私が数学者というものにすこぶる興味をもったのはカントールの集合論を勉強したときである。その内容は衝撃的であった。有理数と無理数の数を較べると、無理数の方が圧倒的に多く、実数はほとんど無理数からできているという事実には正直驚いた。さらにそのカントールが考え出した証明方法(対角線論法という)には思わず唸ってしまった。一体、どのような精神構造をもったらこんな証明方法を考え付くのだと唖然とした。カントールの集合論は当時のほとんどの数学者たちには受け入れられず、カントールは非難というよりも中傷された。そしてカントールは精神を病み、最後は精神病院で死んだ。私の脳裏には集合論というよりもカントールその人のことが長く残った。
 カントールを天才という一言で片付けるのは簡単であるが、天才という言葉には数学そのものの神秘性はない。数学というよりも数学者の神秘性といったほうがよいかもしれない。カントール以後、私は数々の数学者たちに興味をもった。アーベル・ガロア・ガウス・オイラー・リーマンなどである。特に、ガロア・リーマンについては私の興味は尽きない。彼らの業績を知るに及んで、数学者は私にとってはどこか神がかり的な人間に思われ始めた。
 数学はよく論理だと言われる。この見方に間違いはないであろう。ただ、これだけでは数学の本質を言い当てたことにはならないであろう。これだけだと数学者は論理力のある人になってしまう。論理力だけでなく、数学者にはもうひとつ何かが必要だと思う。それは直感力ではないだろうか。
 現代の数学はいくつかの公理から出発して論理でもって巨大に体系化されたものである。非論理のはいる隙はない。論理のみが体系の中を歩むことができる。だが、体系がさらに飛躍的に大きくなるときには論理よりも直感が必要なのではないか。
 論理と直感。私ははじめこの2つは同じものだと思っていた。論理力のない人に直感などありえないと思っていたからだ。しかし、カントール・ガロアなどの業績を知るに及んで、私は直感というのは選ばれた数学者のみが持ちえる詩的な魂みたいなものでないかと思うようになった。ずばり優れた数学者は詩人なのではないか。

 小林秀雄と岡潔の対談「人間の建設」を読んだとき、私はすがすがしい気持になった。普段思っていることを小林と岡がうまく言ってくれたように思ったからだ。2人とも数学者と詩人を同一のものと見ている。数学も詩も本質は直感と情熱であるともいっている。
 考えてみれば異色の組み合わせである。小林は日本を代表する文芸批評家であり、岡は世界的な数学者である。ただ、小林は回りが自分のことを批評家だといっているだけだといっている。小林はこよなく文章を愛した詩人だと私は思っている。
 最初どんな話題がでてくるかと恐る恐る読み進めたが、2人とも専門分野以外のこと、特に小林が物理と数学、岡が文学をよく知っていることにまず驚いた。小林はアインシュタインのことをよく知っていて、相対性理論のことまで言及している。対する岡はドストエフスキーをよく読んでいる。ドストエフスキーは小林が最も関心を示した作家である。小林のドストエフスキーとトルストイの違いの解説はおもしろい。
 片や大文学者、片や大数学者であり、話はいろいろと飛んでいくが、最後は情緒に行き着く。情緒とは人間独自の感情であり、この感情がすべてにまさって重要であることは2人の共通認識である。数学も最後は情緒であると岡は言う。私は数学の奥の奥を覗いた気になった。

 どんな仕事、学問でもそれが昇華すると最後は人間の問題に行き着く。文学は当たり前だが数学も最後は人間の問題になる。タイトルが「人間の建設」とはうまく言ったものである。

作文道場岡 潔(おか きよし)。
1901年4月19日 - 1978年3月1日。大阪府大阪市生まれ。
京都帝国大学卒業。京都帝国大学理学部講師、助教授。奈良女子大学名誉教授 。日本の数学者。奈良女子大学名誉教授。理学博士。
京都帝国大学理学部時代には湯川秀樹、朝永振一郎らも岡の講義を受けました。
小林秀雄(こばやしひでお)
東京生まれ。東京帝国大学仏文科卒業。1929(昭和4)年、「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。以後、「アシルと亀の子」はじめ、独創的な批評活動に入り、「私小説論」「ドストエフスキイの生活」等を刊行。戦中は「無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、終戦の翌年「モオツァルト」を発表。’67年、文化勲章受賞。連載11年に及ぶ晩年の大作「本居宣長」(’77年刊)で日本文学大賞受賞。<「人間の建設」(新潮文庫)より引用>
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.