数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
新島襄「新島襄の手紙」を読む

 民間においてある組織が長く存在できるかどうかはその組織を創りあげた人間の理念・哲学に大いに関係がある。特に、会社・学校などは創業者の理念・哲学が強烈であればあるほど長く世にとどまるようである。
 慶応大学が150年に渡って日本の教育を引っ張ってきたのはその創業者である福沢諭吉の理念に負う事は論を俟たないであろう。トヨタ自動車、パナソニック、ソニー、ホンダなどが今なお世界の名門企業として活躍するのもそれらの創業者である豊田喜一郎、松下幸之助、井深大・盛田昭夫、本田宗一郎らの理念がずば抜けていたからである。

 同志社大学も慶応大学に負けず劣らず長い間名門と言われ続けた大学である。同志社大学の創立は1875年(明治8年)で、同志社英学校がその始まりである。
 同志社大学を創立したのは新島襄である。残念ながら新島は同志社英学校を大学にしようと血を見るような思いで奔走するのだが、新島の目の黒いうちにはそれは果たされなかったが。
 新島はどのような教育理念そして人生哲学をもっていた人なのであろうか。それを知るベストな本が「新島襄の手紙」<岩波文庫>である。
 おそらくこの本を読んで感動しない人はいないであろう。と同時に教育者と言われている人たちはこの本を読むとある意味恥ずかしい思いにかられるかもしれない。
 はたして現在、教育者と言われている人たちの中に新島ほど「覚悟」をもって教育に携わっている人がいるのだろうか。かくいう私も長い間教育に身を捧げているものだが、新島の姿勢には正直畏れいった。新島は教育に命を賭け、教育のために身をぼろぼろにして死んでいった殉教者みたいな人であった。
 私はつねづね明治の世には偉大な人がたくさん存在したと思っている。教育界を見渡しても福沢諭吉、新島襄、新渡戸稲造、岡倉天心、内村鑑三、津田梅子、成瀬仁蔵、小野梓などいずれも覚悟をもって、言葉を変えて言うなら使命感をもって教育に携わってきた人たちである。その中でも新島の覚悟は際立っている。それはキリスト教の影響があるというよりも、元々もっていた新島の日本の国に対する使命感がキリスト教の教義によってさらに強く大きなものになっていったのだと思われる。新島の生き方を見ていると、武士道とキリスト教が渾然一体となったように感じる。

 「新島襄の手紙」は新島が書いた96の手紙が収められている。この手紙を読めば自然と新島の人生を追体験することができる。
 新島は開港間もない函館から見つかれば首を刎ねられるという覚悟で、アメリカの商船で日本を密出国した。その商船の船長は思いやりのある人で20歳そこそこの新島を可愛がり、水夫として使い仕事の合間に英語の勉強をさせた。彼は新島のことをジョーと呼んだ。これが新島の名前襄になる。船長は船がアメリカに着くと、新島を船のオーナーに紹介した。オーナー夫婦は敬虔なるキリスト教徒で遠い異国の地から来た貧しい身寄りのない青年を養子のようにして、教育をほどこした。新島は終生オーナー夫婦を真の親として敬愛し続ける。
 新島は何の抵抗もなくキリスト教徒になった。それはアメリカの豊かさ、新島を取り囲むアメリカ人たちの人格の高尚さにじかに接しその土台となっているのがキリスト教であると気が付いたからであろう。新島は大学を卒業し、神学校も卒業する。
 新島はキリスト教の教えを学べば学ぶほどこの教えを広く日本人に伝えたいと思うようになる。そして日本で布教のための教会と学校を設立することを決意する。新島は日本に帰ってくると京都に同志社英学校を創った。

 「新島襄の手紙」にはいっている手紙には新島の教育に対する情熱、若い人たちへの思いやり、日本の国を思う気持、そして英学校を維持しさらに大学にするためのお金集めの苦労話が述べられている。と同時に命がけで教育に携わり、命がけで人を愛したキリスト教の伝道者新島襄の生き様がつまっている。
 教育に携わる人にはぜひとも読んでほしい一書である。

作文道場新島 襄(にいじま じょう)
天保14(1843)年 - 明治23(1890)年。
江戸神田上州安中藩板倉家江戸屋敷で生まれる。同志社大学の前身となる同志社英学校の創立者する。明治六大教育家の1人。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.