数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
夏目漱石「こころ」を読む

乃木希典像 私が高校生の頃から文学作品といわれる小説を読み始めてから、最初に、まさに心の底から感動した作品は夏目漱石の「こころ」であった。私の初めての漱石体験は「坊っちゃん」でも「三四郎」でも「吾輩は猫である」でもなく、「こころ」だったのである。「こころ」の読書体験が未来の私の行くべき道を決めたといってもいささか誇張ではない。私は将来ずっと文学と縁をもちたいとうっすらと思い描いた。「こころ」にはそれだけ人を動かす力があったのである。
 しょせん高校生の私に「こころ」を本質的に理解できようはずはなかったが、私は魂を揺さぶられた思いがした。その後「こころ」の読後感と同じような経験をしたのはドストエフスキーの「罪と罰」を読んだときだ。なぜかこの2つの作品の読後感は似ていた。森鴎外・永井荷風・太宰治・トルストイ・バルザック・ゾラ・ディケンズなどを読んだときとは違う読後感を与えてくれた。おそらくこの2つの作品が人間の心の奥の奥に潜む魔物を追求しているからであろう。

 「こころ」は上中下の3編からなっている。すなわち、上「先生と私」、中「両親と私」、下「先生と遺書」である。上中は「私」の語りから構成されている。
 「私」は鎌倉の海辺で偶然「先生」と出会い、それ以来「先生」に惹かれて東京の「先生」の家にたびたび訪なうようになる。
 「先生」は学校の先生ではなく、どこにも勤めていない財産でもってそれなりに暮らしていけるいわゆる高等遊民であった。「先生」には美しい奥さんがいた。
 「私」は「先生」の家に出入りするようになって強く「先生」のことに関して興味をもつようになる。それと同時に敬愛の念も増してきた。いつしか、「先生」の家の書生みたいな感じになっていった。「先生」が夜出かけて家を留守にするときなど、「私」は「先生」に呼び出され、奥さんの用心棒を命じられたりした。そのとき、「私」は奥さんから「先生」のことについて聞いた。奥さんによると、「先生」はあるときから人が変わったようになったと言った。先生は無口で暗い感じの人であった。
 「先生」は月に1度、雑司ヶ谷の墓地に墓参りに行く。その墓には「先生」の友人が眠っている。「先生」はその友人のことについては「私」に一切話さない。「先生」は何か人に言えない秘密をもっているかのようである。
 「先生」は孤独であった。「先生」は大学出ではあったがそれらしい友人もいなかったし、「先生」の家に訪ねてくる人もほとんどいなかった。
 「私」は大学を卒業しても就職先が見つからなかった。いそいで職を探さなければならないという立場ではなかったが、「私」の父が病でたおれてからそうはいかなくなった。「私」は田舎に帰り、父の看護をしながら、就職先の世話をしてもらうために「先生」に手紙を書いた。だが、「先生」からの返事はなかった。
 そのうち明治天皇が崩御し、そして9月の御大喪の日、乃木大将が殉死した。
 それから、数日して先生からたいへん分厚い手紙が「私」の許へきた。それは「先生」の遺書であった。「私」は家のものに内緒で停車場にかけつけ、東京行きの汽車に乗った。そして、汽車の中で「先生」の遺書を読んだ。下「先生と遺書」は全編「先生」の遺書である。この遺書には「先生」の秘密が書かれていた。
 「先生」はある時期から自分の逃げ場は「死」しかないと悟っていた。他に逃げ場はなかったのである。なぜ、「先生」は逃げなければならなかったのか、それは友人を裏切った「自己」を否定したかったからだ。
 友人はKといった。Kは「先生」の幼な友達であり、中学・高校・大学のときの同級生であった。2人が大学生のとき、Kは家の問題で学業を続けていくのが困難になった。そんなKに同情した「先生」はKを自分の下宿に住まわせた。その下宿には家主である未亡人とその娘(「先生」の遺書ではお嬢さんとよばれ、「先生」の奥さんになる人である)が住んでいた。お嬢さんはたいへん美しく、女学校の生徒であった。仏教の研究をするKは無口で無愛想な人間であったが、Kはお嬢さんに惚れ、そのことを「先生」に告白する。 かねてお嬢さんに気があった「先生」は動転し、そして深く悩む。悩んだ結果、「先生」はお嬢さんの母親に「お嬢さんをください」とたのむ。母親は承諾した。このことを知ったKはまもなく自殺する。
 Kは遺書を残した。それにはお嬢さんのことは触れられていなかった。
 これ以来、「先生」は悩むことになる。

 はたして「先生」は自殺するほど卑怯な人(遺書の中で「先生」は自分のことを卑怯者と蔑む)であったのであろうか。論語にいう天命を知らなければならない50歳を超えた私は今もってわからない。ただ、「先生」の苦しみはいくぶんかわかるつもりだ。
 「こころ」を図式的にとらえてみると、近代と前近代という対立が見えてくる。「自由と独立」の近代と「倫理」の前近代である。恋愛は自由である。好きな人と結婚してどこが悪いといったら「こころ」という小説は成り立たない。「こころ」には「友を思う」という「倫理」が厳然に存在したのである。
 「先生」は最終的に「倫理」を重んじたのである。それを、「先生」を敬愛するこれから近代を作っていく若い「私」に教えたのである。その実際的な例が乃木大将の自刃であった。乃木は明治天皇と倫理に殉じた人なのである。そして、その「倫理」のことを「先生」(たぶん漱石も)は明治の精神というのだ。
 この「こころ」の構図をユーモラスにすると「坊っちゃん」になるのだろう。

 漱石は前近代を肯定し、近代を否定したのではない。安易な近代の肯定と安易な前近代の否定を否定したのである。

(写真:山口県下関市長府。乃木神社に建っている乃木希典像)

夏目漱石「私の個人主義」を読む

通称猫の家 夏目漱石は松山中学で1年間教鞭をとったあと、熊本の第五高等学校へと赴任する。そして、第五高等学校在任中に文部省からイギリス留学を命じられる。行きたくはなかったが、断る理由がないとして行くことに決めた。
 イギリスに行った漱石ははたと困った。文部省からは特別に何をやれという命令はない。ただ勉強してこいというのみである。漱石は何を研究しようかと思い悩んだ末、英文学を研究して文学とは何かを極めようとした。夜の眼も寝ずに、食うや食わずの生活をして一心不乱に勉強した。そのため漱石は神経衰弱になってしまった。
 日本に帰国してから、漱石は第一高等学校、東京帝国大学などで英文学を教えながら、イギリス以来の研究を継続していく。そして漱石は「文学論」を書く。ただし、後に漱石はこれは失敗作だといっている。
 イギリスから帰国後、漱石は心の中に何かもやもやとしたものをもっていた。彼は生徒たちに英文学を教えることが嫌になっていた。漱石は教えること以外に活動することを模索した。結局、漱石は朝日新聞に入社し作家となった。

 漱石の「私の個人主義」を読むと、なぜ漱石が東京帝国大学の講師という超エリートの職をなげうって、作家の道に進んだかがわかる気がする。「私の個人主義」は漱石が大正3年に学習院で行った講演を筆記したものである。
 この「私の個人主義」の中で、漱石はイギリス留学中に自分の生きるべき道を決めたと語っている。それは「自己本位」とは何かをを立証することであった。そのために科学的な研究やら哲学的な思索に耽(ふけ)ようとしたのである。しかし、「自己本位」ということを追求すれば、やはり文学研究という枠の中では不可能であった。漱石にとってはそれは小説という舞台でもって初めて可能なのであった。この講演は漱石が「こころ」を書いたあとに行われたものである。「自己本位」と「こころ」の中の先生の行動が私には重なってくる思いがした。
 自己本位とは個人主義と同義であろう。漱石にいわせると個人主義とは利己主義とは全く違うものである。個人は自由にふるまってもいいが、かならずそれには義務が伴うものであると漱石は語りさらに、自由に行動するには徳が必要であることにも言及する。徳を人格者と置き換えても同じである。
 漱石の主張の要点を漱石の言葉でもっていうと次のようになる。

<第一に自己の個性の発展を仕遂げようと思うならば、同時に他人の個性も尊重しなければならないという事。第二に自己の所有している権力を使用しようと思うならば、それに付随している義務というものを心得なければならないという事。第三に自己の金力を示そうと願うなら、それに伴う責任を重(おもん)じなければならないという事。>

 イギリスにはノーブレスオブリージ(貴族の義務)なる言葉がある。これは権力をもった人は戦争になったら最前線で戦わなければならなければならないという意味である。要するに権力・金力をもつ人はそれに伴って義務が生ずるということだ。逆に義務感のない人は権力をもてないということでもある。
 漱石はイギリスが嫌いだといっているが、イギリスは自由の国ではあるが非常に調和のとれた国だとほめている。漱石はイギリスという国の本質を見抜いたのである。

 時は日本中が国家主義に沸きかえっている時期である。国家主義とは国のために自己を抹殺することである。漱石は公然とこれに反発しているのである。それ以上に漱石は国家的道徳よりも個人的道徳のほうがはるかに優れているともいっている。その言葉の裏には国が優れたものになるためには個人が優れたものにならなければならないという意味が隠されているようである。

 結局、個人が大事であると漱石はいう。個人の問題は漱石文学の重要なテーマである。ある意味「私の個人主義」は漱石文学の解説書ともいえる。

(写真:通称猫の家跡。東京都文京区)

 
夏目漱石「それから」を読む

 夏目漱石の「それから」はその前に書いた「三四郎」のそれからを扱ったものだからという理由でタイトルが決まったらしい。いかにも漱石らしい。
 普通「三四郎」「それから」「門」は3部作といわれる。その3部作の中心テーマは「男と女のつながり」である。「つながり」を恋愛関係といってもよい。もっというと「恋愛関係のあり方」といっていいかもしれない。
 これら3部作において、「三四郎」にはユーモアがあり、「門」は暗い。「それから」はその2つの作品の間にあるものだから、ユーモアと暗さの間にあるかというと、どこか理屈的な要素が多い。なにしろ「それから」の主人公代助は30歳近くなるのに、未だに親がかりで職についていないのである。代助は職に就かない自分を理屈でもって正当化する。代助は働かない理由を世の中のせいにしている。
 「それから」はある意味において漱石の代表作であるともいえる。その理由は高等遊民という人種を創造したことであり、姦通(現代流にいうと不倫)を扱った小説だからである。漱石の生きた時代、姦通は法律(姦通罪なるものがあった)によって罰せられたのである。漱石は小説の主人公に法を犯させたのである。

 長井代助は大学を卒業しても職に就かないで毎日読書をして生活していた。彼の父親は実業家である。代助の兄の誠吾が父の後継者であり、父と一緒になって会社を切り回している。代助は父から毎月生活費をもらって家を構えて悠々自適の生活を送っている。
 ある日、友人の平岡が関西から妻の三千代を伴って上京してきた。遊びのための上京ではなく、勤めていた銀行をやめての上京である。平岡にはかなりの借金があり無職であるので、平岡夫婦の生活は窮し、そして夫婦の関係は荒んでいった。
 代助と平岡は大学時代の同級生であり、彼らの共通の友人が三千代の兄であった。三千代の兄は大学在学中に亡くなった。代助は平岡と三千代が夫婦になるのを応援した。だが、実際において代助は三千代のことを愛していたのである。三千代も代助のことを愛していた。
 3年ぶりに会った三千代は生活の苦しみの中におり、平岡の三千代に対する愛情も薄れていた。代助は三千代を愛していることをはっきりと自覚し、それを行動で示した。
 代助の父は執拗に縁談をすすめたが、代助ははっきりとそれを断った。そして、代助は平岡に自分の三千代にたいする気持を打ち明け、三千代をくれと迫った。平岡は代助と三千代に裏切られた思いがした。平岡は代助と三千代のことを代助の父に手紙で知らせた。代助は完全に父の手から切れて自立しなければならなかった。
 代助は狂気の状態になり、物語の最後、「僕は一寸職業を探して来る」といって家を出る。

 普通に考えれば代助の行動は異常である。父親のすすめる通り縁談に応じていれば、代助は上等の地位を得、裕福な生活ができたのである。だが、代助はそれをしなかった。なぜしなかったのか。代助は自分の主観的真実に忠実であったからだ。主観的真実に忠実とは「自然」な状態ともいえる。
 「それから」のテーマは漱石文学のテーマの1つである「自然」対「制度」の構図の上に成り立っているともいえる。代助の行動は「坊っちゃん」の坊っちゃんの行動と似ているともいえる。心が命ずるままににすべてを投げ打って行動する。そこに打算のはいる余地はない。
 「三四郎」においては、美禰子は三四郎を愛していながら、三四郎は美禰子を奪おうとはしなかった。三四郎は初心(うぶ)だったのだ。「それから」では代助は愛する人を奪おうとした。それはまさに制度を犯す行為であった。
 はたして代助・三千代の将来はいかなるものになるのであろうか。それは「門」であきらかになるのであろうか。「それから」にはそれからがあるのである。

 
作文道場夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年1月5日(旧暦)(慶応3年)2月9日ー1916年(大正5年)12月9日
本名、金之助。江戸出身。帝国大学英文科卒。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.