数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
中勘助「銀の匙(さじ)」を読む

 サンテグジュペリの名作「星の王子様」に、<大人は自分が昔子供であったことを忘れている>というような内容の言葉が出てくる。この言葉は痛切で年をとればとるほどこの言葉の真実性が実感させられる。大人がいくら子供のことを理解しようとしても、ゾウを飲み込んだうわばみの絵は所詮大人には帽子の絵にしか見えないのであろう。
 子供時代のことを回想してもどうしても大人の考え方・ものの見方でもって振り返ってしまう。小説においてもそうで、なかなか子供時代のことをうまく描いた名作は意外と少ない。
 中勘助の「銀の匙」はそんな数少ない名作の1つである。中勘助はあまり有名な作家ではない。知る人ぞ知るといった作家である。
 「銀の匙」は前篇・後篇からなり前篇は中が27歳のとき、すなわち明治44年に書かれたものである。この作品をいち早く評価したのは夏目漱石であった。漱石は「銀の匙」がそれまでにない方法で、子供時代の思い出を美しく描写していることを口を極めて褒めたたえた。漱石の推薦によって「銀の匙」は朝日新聞に掲載された。後篇は大正2年に書かれ、これもまた漱石に評価され同じ朝日新聞に掲載された。
 私が「銀の匙」を読むきっかけとなったのは漱石がこの作品を激賞していることを知ったからである。実際読んでみて、漱石の作品を見抜く力は卓越していると思った。やはり大作家は評論家としても優れているということか。

 「銀の匙」は作者中勘助の子供時代から17歳の少年の日までを綴った回想記である。思い出の記といってもよい。「私」の語りで物語は進む。前篇は幼い頃が中心で回りの環境に翻弄され、そしてなんとか環境の変化を拒みそしてそれに合わそうとする「私」が描かれる。後篇は小学校から生意気盛りになる中学生の頃までを扱っている。
 前篇の幼い頃の回想は私には美しいとしかいいようのない描写である。その美しさを醸しだしているのが伯母の存在である。「私」の母親は病弱で幼い「私」の面倒は伯母さんがほとんどみた。生まれて間もない「私」は病気がちで薬をよく飲んだ。薬が飲みやすいようにと伯母が使ったのが銀の匙であった。その匙はその後ずっと「私」の家の茶箪笥の引きだしの中に眠っていた。伯母さんは実の息子以上に「私」を可愛がってくれた。
 「私」は東京の中心神田で生まれた。神田は当時だけでなく江戸時代から江戸の中心といったような町である。伯母さんは「私」をよく縁日に神社・お寺などに連れて行ってくれた。お祭りにも連れ出した。子供の素直な目を通して、「私」は幼い自分の回りのことを回想していく。いつも「私」のそばにはやさしい伯母さんがいた。
 「私」の家は神田から山の手の小石川へと引越した。そこはまだ田舎で、回りは田んぼや畑ばかりである。「私」はそこで新しい経験を次々としていく。その1つが隣に住んでいるお国と友達になったことである。お国は「私」がこの世に生をうけて初めて友達になった人である。2人は仲良くなり、一緒に小学校なるものに通い出した。「私」は当初、小学校に行くことを強く拒んだ。それでも伯母さんのとりなしで小学校にいくようになった。
 やがてお国は引越す。しかし、すぐに新しくお恵という友達ができた。お恵ともなかよく遊んだ。前篇はお恵も引越すところで終わる。
 後半の白眉は中学生になった「私」が大阪に去った伯母さんと再会する場面である。伯母さんは目を悪くしていたが、「私」だとわかると涙を流して喜んだ。「私」は伯母さんにとって自慢の甥であった。伯母さんはそれから間もなくして死んだ。
 後篇の最後、「私」はある夏を海岸にある友達の別荘で過ごした。その別荘にはばあやと「私」しかいなかった。ある日突然その別荘に友達の姉が訪れそして数日逗留した。彼女はたいへん美しい人であった。「私」は落ち着かなかった。知らず知らずのうちに「私」は彼女に恋心を持っていたのである。
 彼女が京都にもどる日、私は面と向かって彼女に挨拶できなかった。「私」は人知れず涙を流した。そして物語は終わる。

 子供の世界を子供の目を通してありのままに描いたのが「銀の匙」といってもよい。大人の目というフィルターを通していないのである。この作品を読むと、同じ体験をしていなくても、いたるところで共感できる。
 「銀の匙」は美しい小説である。漱石が激賞するのも頷ける。

 
作文道場中 勘助(なか かんすけ)。
1885年5月22日 - 1965年5月3日。
東京神田生まれ。東京府立第四中学校(現在の東京都立戸山高等学校)、第一高等学校、東京帝国大学文学部英文科入学。その後国文科に転じて大学を卒業。大学では漱石の講義を受ける。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.