数学道場、総合案内
line decor
 
line decor
日本文学編に戻る
名曲を聴きながら
名作を読んでください
line decor
読書感想文
 
星新一「祖父・小金井良精(こがねいよしきよ)の記」を読む

 東京大学医学部の歴史は神田お玉ヶ池種痘所に始まる。種痘所はシーボルトの弟子の伊東玄朴(げんぼく)が創設したものだ。種痘所は幕府時代は西洋医学所、医学所となり、明治維新後は医学校、大学東校、東京帝国大学医科大学と成長して東京大学医学部となる。
 明治になって日本の学問研究が東大を中心になって行われ、そして東大が発信基地となって新知識が日本全土へと広められたことは誰もが認める歴史的事実である。東大はあきらかに国の命運を荷った国策的研究機関であったのだ。
 明治になって間もない時期、大学の教授たちはいわゆる御雇外国人で占められた。政府は何とか自前の教授を養成するために、大学を卒業した学生をヨーロッパへと留学させた。医学を修めたものたちはドイツへと留学した。そしてそれら留学生たちの1人が小金井良精であった。
 「祖父・小金井良精の記」は良精の孫である作家の星新一が書いたものである。星新一はショート・ショートという新しい分野の小説を開拓した人気作家である。私は星新一の作品をたくさんたのしく読んだ。この作品は良精が書き残した日記をもとに、良精が生まれたときから死ぬまでのことを書き記したものである。小金井良精の一代記ともいえる。良精が残した日記は明治・大正・昭和の時代を知る上での一級資料であると私は思った。
 私はこの本を読むまでは小金井良精の名を知ってはいたが、それはあくまでも森鴎外の義理の弟、すなわち鴎外の妹喜美子の夫としての小金井良精である。小金井良精の名が文学史に登場するのは、鴎外のドイツ時代の恋人と思しきエリスが鴎外の後を追って日本に来たときである。通説では、鴎外の弟の篤次郎と良精がエリスを説得して穏便に彼女をドイツに帰し、鴎外はエリスと会うことはなかった。ところが「祖父・小金井良精の記」によると、通説に反して鴎外はエリスと2人きりで会っていたことがわかる。私には新しい発見であった。

 小金井良精は医学研究に身を捧げた人で、臨床医ではなく解剖学の研究者であった。良精は生まれ落ちたときから苦労の連続であった。良精は安政5年(1858年)、越後長岡藩士として生まれた。伯父に「米百俵」の小林虎三郎がいる。戊辰の役のとき、長岡藩は朝敵となり、官軍と戦う。そのときの長岡藩の家老が河井継之助である。長岡藩は戦局不利になり、良精は母親・兄弟たちと会津藩へと逃げる。その途中、長岡藩は降伏する。良精は九死に一生を得たのである。
 明治になって良精は伯父の虎三郎などの援助のもと、医学の道を目指す。良精は大学東校で勉強し、卒業後文部省派遣留学生としてドイツへと赴いた。鴎外もドイツに留学するが、鴎外の場合は文部省派遣ではなく、陸軍省派遣であった。
 良精の生涯を一言でいうと、解剖学研究一筋の人生であるという。私は、明治の研究者が新しい日本の国作りのために寝食を忘れ、無私の精神で研究に励みそして後輩たちを指導した姿に感動した。
 この本を読むと、日本の近代医学がどのような過程を経て進歩してきたかがわかる。私は正直小金井良精がこんなにもえらい人であるとは思わなかった。鴎外が一も二もなく、自分の妹が良精の嫁になることを承諾したのも頷ける。
 良精は解剖学を通して、アイノ(良精はアイヌのことをアイノと呼んでいる)の研究もした。その研究の成果から、日本人がどこからきたかという論究もしている。たいへん興味深い説を唱えている。

 「祖父・小金井良精の記」は明治の偉人を知る上で最高の部類にはいる本である。

星新一「明治・父・アメリカ」「人民は弱し 官吏は強し」を読む

 あまり目立たないけれど、ある研究分野では名を轟かせた大学がある。さしずめ星薬科大学はその1つであろう。
 慶応大学の例を出すまでもなく、大学は創業者の理念が根っこになって成長していく。創業者の理念が崇高で現実性に富むものであればあるほど大学は長く生き続ける。
 星薬科大学の創業者は星一(はじめ)である。大学の教育方針は「世界に奉仕する人材の育成」「親切第一」である。この教育方針が星一の生きかたから導きだされたことはいうまでもない。
 星一は作家星新一の父親である。「明治・父・アメリカ」「人民は弱し 官吏は強し」の2つの作品は星一について書かれたものである。
 私はこの2冊の本によって星一という人の存在を知った。私は学生時代、星新一のショート・ショートはよく読んだがこの2つの作品は読まなかった。今回この2冊を読んで、私は深く感銘した。すばらしい人間に出会った気がした。
 星一は進取の気性に富んだたいへん優れた経営者であった。間違いなく偉大な経営者の1人に数えあげられるだろう。星の生き様は近代国家になって間もない成長過程にある日本の混乱・矛盾・不合理・貧しさそして理想と夢を炙(あぶ)りだしているようだ。

 星は明治6(1873)年、福島県に生まれた。今のいわき市である。苦学して東京商業学校を卒業して、それから単身アメリカに渡る。アメリカに渡った当初はスクールボーイなる仕事についた。アメリカ人の家に住み込み、家の中の雑用をこなしながら学校に通わせてもらうのである。星は勤勉・誠実・真面目な人間で、アメリカ人の主人はすぐ星のことを気にいった。星は努力してコロンビア大学を卒業する。星はいろいろ苦労しながら、ニューヨークで日本のことを紹介した新聞を発行し、この事業を成功させた。
 日本に帰った星は新しい事業を考えた。それは薬の販売であった。症状が軽いうちに薬を飲めば病気を悪化させなくてもすむというアメリカにいたときの経験を生かしたものだ。星は星製薬株式会社を創立した。開発から販売までを一手に荷ったのである。
 星製薬は星の斬新なアイディアのもと業績を伸ばしていった。京橋に当時めずらしい5階建てのビルももった。星の才能は開発だけでなく、販売においても遺憾なく発揮された。星は日本全国に特約店を作り、販売網を組織化していった。
 星はアルカイドを薬にすることを思いつく。アルカイドとは植物に含まれていて、人体に特有な生理作用をもたらすものである。星は最初のアルカイド商品としてモルヒネの精製を考えだした。モルヒネはアヘンから精製される。だがその技術は誰ももっていなかった。すさまじい努力の末、星製薬はアヘンからモルヒネの精製に成功する。
 この成功を機会に星の会社はさらに成長軌道に乗る。だが出る杭は打たれるであった。星の会社に大きく立ちはだかるものが現れた。国である。国を官吏といってもよい。政権が憲政党の加藤高明の手に委ねられると、官吏の星いじめは本格化する。星のアルカイド事業をつぶそうと手を変え品を変えて執拗に攻めてくる。
 星は政友会の後藤新平に親炙(しんしゃ)していた。これが大きく災いした。後藤は加藤の政敵なのであった。
 順風満帆に成長してきた星製薬は官吏からの根も葉もない罪を着せられて信用を失墜する。銀行との取引もできなくなり、いよいよ資金繰りに行き詰まり倒産するところまで追い詰められた。
 星は感極まって、投資家たちの前で「人民は弱し 官吏は強し」と言葉をはく。この言葉でもって物語は終わる。

 私はこの2冊の本を読み終わって、もし官吏たちが星製薬の行く手を阻まなければ星製薬は巨大な製薬会社として現在でも存続していたろうと思った。ただし、その場合、ショート・ショートの名作家星新一は誕生していなかったかもしれないが。
 星製薬はなくなったが、星一は偉大な人であり、彼の人類に対する崇高な理念は永遠に残るであろう。星は理想を追い、国を思い、人を大事にしそして自ら個人の利益は一切考えなかった人である。星のすべては会社のために捧げられた。会社の発展が日本という貧しい国を豊かにしてくれるものと星は考えていた。この2冊の本は星一の立志伝といってもよい。
 官吏たちの異常ともいえる攻撃を星新一は見事な文章で描いている。だが、それ以上に星新一の父親に対する敬愛の念が十分に伝わってきた。
 この2冊の本は勇気を与えてくれる。特に、経営者・教育者そしてこれから理想を追いかけようとする人たちにぜひとも読んでほしい名著である。

星新一「明治の人物誌」を読む

 星新一の「明治の人物誌」はその名が示すように明治に生きた10人の人物について書かれたものだ。その10人とは、中村正直・野口英世・岩下清周・伊藤博文・新渡戸稲造・エジソン・後藤猛太郎・花井卓蔵・後藤新平・杉山茂丸である。ほとんどが有名な人であるが、ピンとこない人もいる。
 政治家・教育者・発明家・弁護士などがいるが、どのような意図でこれら10人を選んだのだろうかと訝しむ読者がいるかもしれない。ただし、星新一の「人民は弱し 官吏は強し」を読んだものにとってはこの人選は納得すべきものかもしれない。10人はいずれも星新一の父星一とゆかりのある人たちなのである。

 星一は明治6年生まれ。苦学をして学校を卒業しそれから単身アメリカに渡り、そこでもすさまじいまでの苦学をしてコロンビア大学を卒業した。日本にもどると、製薬会社を立ち上げ、大企業へと成長させる。ところが好事魔多し。国家権力によって奈落の底へと転落する。それでも星一は夢・希望を捨てず、前向きに生きていく。詳しくは「人民は弱し 官吏は強し」を読まれたし。
 星一のことは普通の歴史の本には載っていないが、間違いなく偉大な人物であった。星一は情熱をもってかつ想像を絶する努力をもって邁進していく。そのバイタリティはどこから生まれてきたのであろうか。
 星新一は父の星一にやる気を起こさせた1つが中村正直が訳した「西国立志編」だとみる。「明治の人物誌」は中村正直のことから始まる。10人の内、唯一、星一と面識がないのが中村正直である。「西国立志編」はイギリス人のスマイルズが書いた「自助論」という本の訳本である。この本は過去の偉人たちのことを紹介したものである。中村は幕命でもって幕末にイギリスに留学をした。日本へ帰る船中で中村は「自助論」を夢中になって読んだ。中村は西洋の発展を促したものが何かがわかり、「自助論」を翻訳して日本人に読ませようと決心する。当然、星一もこの本をむさぼるように読んだ。アメリカにまでもっていった。

 10人の人物たちは当然個性的で、十把一からげで述べることはできないが、1つだけ共通点がある。それは10人とも非常に魅力的であるということである。信念をもって、自分が理想とすることに誠実に努力しているのだ。理想としているところはもちろん経済的成功などというものではない。彼らはむしろお金に困っていた。
 「明治の人物誌」は10人の偉人・豪傑たちの生き様をまざまざと見せてくれる。読み終わったとき私は「人はなぜ生きるのか」という単純で根源的な問題にぶつかった。なぜ野口英世やエジソンは夜の目も寝ずにひたすら研究したのか。なぜ銀行家岩下清周は回りから反対されてもこれはと見込みのある人たちにどんどん融資をしたのか。なぜ後藤新平は借金をしてまで人を応援したのか。なぜ新渡戸稲造は老体に鞭を打って日米の架け橋になろうとしたのか。なぜ花井卓蔵は弁護費用を払えない貧しい人たちのために法廷で戦ったのか。
 10人の人物たちは間違いなく理想をもっていた。理想を夢と置き換えてもよい。彼らの理想追及の姿を見ると、「夢をもつ」ということがどれほど恐ろしいことかがわかる。「夢をもつ」ことは裏を返せば血を見るということでもある。「夢をもつ」ことは死ぬ覚悟が必要なのだとも思えてくる。だからこそ夢を追いかけている姿は魅力的なのであろう。

 「明治の人物誌」は現代人にとっての「西国立志編」のような名著である。人に「夢をもて」と偉そうにしていう人にまず読んでほしい本である。

 
作文道場星 新一(ほし しんいち)。
大正15(1926)年9月6日 - 平成9(1997)年12月30日。
本名は親一。東京府東京市本郷区曙町(現・東京都文京区本駒込)に生まれ。東京大学農学部卒業。
読本プレゼント
line decor
株式会社河野 株式会社河野 Net個人指導道場
Copyright © 2007-2010 KOHNO.Corp All Rights Reserved.